いつも頭に問題を

競技プログラミング中心で思ったことを書いてく

Educational Codeforces Round 25(ECR25)

出ました
Educational Codeforces Round 25 - Codeforces

こどふぉは前から出てみたいと思っていたので適当にググって参加方法を参照して登録して参加した
以前SRMにも出たので同じ感じで(結果がしょっぱかったので参加記書くか迷って書かなかった)

A.Binary Protocol
1の個数がその桁の数字を表すので数えて出力したらAC
問題文の理解ができなくて最初普通に二進数を十進数に直すコードを書いてそりゃ合うわけないわなって言ってた
なんでだ

B.Five-In-a-Row
5目ならべ、次の1手で勝てるかどうかを判定する
とても愚直に全探索を実装した
これに時間がかかったしバグ生えたしまだまだだなと思い知らされた
実装力が足りなさすぎる

C.Multi-judge Solving
通せませんでした
問題を誤読しているのかもしれない

nは問題数
kはすでに解いた問題の最高難易度
以降aはそれぞれ問題の難易度
で、解ける問題はそれまでに解いた問題の最高難易度*2以下の問題
解けない問題はいくつありますか?

だと思ってたらテストケース6が通らず
で、解けない問題をカウントして解いたことにして進めたらテストケース7が通らず

#include "bits/stdc++.h"
using namespace std;

int main(){
	long long int n,k;
	cin>>n>>k;
	
	long long int cans=k;
	vector<long long int> a(n);
	int ans=0;
	
	for(long long int i=0;i<n;i++){
		cin>>a[i];
	}
	sort(a.begin(),a.end());
	
	for(long long int i=0;i<n;i++){
		if(cans*2<a[i]){
			ans++;
		}
		cans=max(cans,a[i]);
	}
	cout<<ans<<endl;
	return 0;
}

そんなところでタイムアップだった
次回以降も出ていきたいし英語問題にも慣れていこうと思う
明日はTwitterでいいねしていただいた数だけAOJ自明埋めていきます

ぜひいいねして私を追い込んでください